tern RIP 2019モデルを購入

tern RIP 2019を購入しました。

tern RIPはクロスバイクですが、そこらへんのクロスバイクよりカッコよくないですか!?存在感ある40mmハイトのディープリムとLeaderバイクのようなフレーム。そこそこ安くてお買い得な1台です。見た目はLeaderバイク(シングルスピード)が良いけど、ギアは多段化したいと思っている方にはおすすめです。

身長は171cmで脚が少し短めということもあり、50サイズ(650Cホイール/160-170cm)を購入しました。自分でカスタムするつもりで購入したので、ネットから安く購入しました。

街中での小回りやストップアンドゴーが多い場面でも乗りやすいライザーバーを採用しています。650Cで下がったヘッド位置をライザーバーによって最適なポジションにしています。こんな風にステムの向きを変えればポジションもより楽になります。

見た目も美しいシルエットを生み出すフレーム一体型のシートクランプは、フレームに直接ネジを切らず、2bolts & 2nuts 式を採用することによりフレームを保護し、安心感ある固定力を発揮します。

Rip 2019モデルからはフロントチェーンリングがナローワイド化しています。ナローワイドは歯の形状を細い歯(ナロー)と太い歯(ワイド)を交互に配列したもので、シフト時にチェーンが落ちにくくするための工夫です。

以前は下のようなチェーン落ち防止用パーツ(チェーンガイド)が装備されていましたが、ナローワイド化のおかげでこれが必要なくなりました。

万一、走行中にチェーンが外れても復旧が容易になるのも良い点です。

重量は実測で10.0kg(ペダルなし)です。ペダルありでは10.4kgです。クロスバイクとしては重さ普通だな~と思っていましたが、実はホイールが糞重い!つまり、この価格にしてはフレームは意外と軽いです!

重さ普通

コンセプトはシンプル&軽量化です。

■シフター(-33g)
シマノ SL-R2000 8速 149g ➡ ダイアコンペ ENE サムシフター 116g

■スプロケット (+79g)
シマノ CS-HG50 8速 11-28T 256g ➡ シマノ CS-HG800 11速 335g

■リアディレイラー (-37g)
RD-R2000-SS 263g → RD-R8000-gs 226g

■ブレーキ (-9g)
388g ➡ BR-R7000 379g

■ブレーキレバー (+25g)

138g ➡ DIXNA ジェイクルーレバー 129g + シム 34g

■フロントホイール+チューブ+タイヤ (-447g)

付属品 1527g ➡ 手組み 1080g

■リアホイール+チューブ+タイヤ (-544g)

付属品 1814g ➡ 手組み 1270g

■クイックリリース (-68g)

付属品 (114g) → TNI Shavedクイックレバー (46g)

■ハンドル (+58g)

ライザバー 25.4ø 540mm (217g) → ニットー ショートブルホーンバーハンドル B263AA (275g)

■シートポスト (-133g)

付属品 (308g) → TNI ALU POST (175g)

■サドル

付属品 (306g) → 

■ペダル (-29g)

付属品 (422g) → MKS SYLVAN TOURING NEXT Ezy Superior (393g)

-1138

他にもグリップ分とかいろいろで100gくらい軽量化して

約1.3kg軽量化できています

8.7kg (ペダルなし) 9.1kg(ペダル込)

びっくりしたのがホイールです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする