イオンゴールドカードのインビテーションを受ける条件

イオンゴールドカードをご存知でしょうか?

イオンゴールドカードは、年会費無料でたくさんの特典をもったゴールドカードです。

このイオンゴールドカードは、自分からの申し込みできず、インビテーション制度(招待制度)を採用しています。

ちなみみに、エポスゴールドカードもインビテーション制度で年会費無料のゴールドカードです。

イオンゴールドカードを取得できる条件は?

インビテーションの対象カード

イオン系のカードはたくさんありますが、以下のカードでないとインビテーションを受けることができません。

  • イオンカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • イオンカードセレクト

※イオンJMB、イオンSuicaなどの提携カードではインビテーションは届きません。

インビテーションを受ける条件

上述のカードを取得しし、カード決済で以下の条件を1つでも満たすとゴールドカードへ招待されます。

  • 直近1年間カード利用金額が100万円以上
  • 直近1年間のカード利用件数が120件以上、かつ利用金額80万円以上
  • イオングループのみの利用が直近1年間で60万円以上
  • カード入会からのカード利用金額累計が500万円以上

WAON一体型のカードであればWAONの支払いも対象になります。

イオンカードセレクトでのみ適用される条件

イオンカードセレクト契約者では、上記条件に加え、以下の条件が追加されています。

  • イオン銀行の住宅ローンを利用
  • 定期預金残高が500万円以上
  • 投資信託残高がある
  • 個人年金保険を契約

イオンゴールドカードの特典

イオンゴールドカードになると以下の特典が上乗せされます。

各種保険が無料で付帯する

海外旅行傷害保険(最高3,000万円

カードご利用の有無にかかわらず、海外旅行中にケガや病気を被った場合に保険金を補償してくれます。

傷害による死亡・後遺障害 傷害による治療費用 疾病による治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
3,000万円 200万円 100万円 3,000万円 30万円 100万円

国内旅行傷害保険(最高3,000万円

国内旅行中にケガを被った場合に保険金を補償してくれます。ただし、イオンゴールドカードにて、旅行や宿泊施設の代金をお支払いいただくことが前提となります。

傷害による死亡・後遺障害 傷害による入院(最高180日分) 傷害による通院(最高90日分)
3,000万円 日額5,000円 日額3,000円

ショッピングセーフティ保険(年間300万円まで

イオンゴールドカードでお買い物された商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償してくれます。

イオンラウンジが使える

イオンラウンジとはイオンモールやショッピングセンターに設置されたラウンジ(休憩室)です。イオンゴールドカードを提示することで入室でき、1枚のカードで3名まで同伴可能です。

羽田空港のラウンジが利用できる

羽田空港にある6つのラウンジが無料で利用できます。

  • 羽田空港第一旅客ターミナル内
    • エアポートラウンジ[中央]
    • エアポートラウンジ[北]
    • エアポートラウンジ[南]
  • 羽田空港第二旅客ターミナル内
    • エアポートラウンジ[南]
    • エアポートラウンジ[北]
    • エアポートラウンジ[北ピア]

更新してもずっとゴールドカード

イオンゴールドカードは、どんなに使用せずに更新しても一生ゴールドカードのままで、普通のイオンカードに戻ることはありません。

家族カードもゴールドカード

本人カードがイオンゴールドカードになった場合、家族カードもゴールドになります。

最後に

イオンゴールドカードカードは年会費で魅力的な特典がたくさんあります。クレジットカードとして利用しなくても、持っているだけでメリットを受けることができます。

条件も明らかになっているので、ぜひインビテーションを狙ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする