ギア比そのままフロントシングル化で300g軽量化

今回は「RIDEA ROAD ELLIPTIC RING 4A W2」の楕円ナローワイドチェーンリング(38T)と「ZTTO SLR2」というスプロケット(11-36T)を使用してフロントシングル化してみました。

フロントシングル化のビフォー・アフター

まずは結果からお見せしましょう。


⇧Before

フロントダブルのコンパクトクランクってすごく大きく、バランスが悪いように見えます。


⇧After

一方、フロントシングルではだいぶすっきり。フレームの美しさも際立ちます。

ちょっとスプロケット大きすぎるけど、全体としては満足です。気に入った。

そして、ZTTO SLR2は裏側がすべてシルバーのアルミなので、シマノよりもずっと美しく、クロモリに合う!

フロントシングル化の経緯

フロントシングル化にはかなりメリットがあります。

  • 構成パーツがシンプルになる
    • 変速調整が簡単
    • BB周り、フロントディレイラー周りの掃除が楽
  • 段階的&シンプルな変速が可能
  • ナローワイドチェーンリングの使用でチェーン落ちしない
  • 使用するギア比に調整できる
  • 場合によっては大きく軽量化できる

もちろんデメリットもあります。

  • ギア比の選択が難しい
    • ギア比を同じにするとワイドレシオ化する
    • クロスレシオ化するとギア比が狭い
  • トップ、ローギアでチェーンラインが悪い

でもメリットが大きいので、今回はフロントシングル化に踏み切りました。

必要なギア比を考える

私のロードバイク Raleigh CRF のギア比と速度はこんな感じ。

表1. ギア比と速度 [条件:ケイデンス90rpm, 周長2105mm(700x25C)]

基本的な用途は、「移動手段」または「ポタリング」で、軽く乗ってるだけなので、アウター×11-14T(赤文字)はほとんど使用しません。とはいえ、いざとなれば時速40kmくらいは欲しいところ。なのでギア比3.5くらいは欲しいところです。リアスプロケットのトップはほとんど11Tで固定なので、フロントチェーンリングは最低でも38T~40Tが必要ということになります。(11×3.5=38.5)

一方で、激坂が多い地域に住んでいて、効率の悪いフラットペダルでの使用となるため、ギア比1.1ぐらい軽いギアがほしいところです。ローギアは34T~36Tぐらいが理想です。(38/1.1=34.5)

この組み合わせならチェーンリング38T、スプロケット11-34Tなら市販製品で対応できそうです。また、シマノのリアディレーラー(GSタイプ)は34Tまで対応ですが、実はフロントシングルなら38Tぐらいまで対応できます。

結局、チェーンリング38T、スプロケット11-34Tまたは11-36Tでいくことにしました。11-36Tならギア比と速度はこんな感じ。

表1. ギア比と速度 [条件:ケイデンス90rpm, 周長2105mm(700x25C)]

トップ側をもう少しクロスレシオにしたいですが、概ね満足です。フラットペダルで坂の多い街乗りにはかなりいいギア比なのでは。

チェーンリング選び

38Tのチェーンリングを選ぶわけですが、フロントシングル化するなら断然ナローワイドチェーンリングです。ナローワイドチェーンリングで有名どころは以下の通り。

  • Wolftooth(ウルフトゥース)
  • RIDEA(リデア)
  • absoluteBlack(アブソリュートブラック)

フラットペダルで登りをより楽にするために、38T楕円チェーンリング(シマノ4アーム用)にすると製品はかなり絞られます

  • Wolftooth:Elliptical Asymmetric 4-Bolt for Shimano (38±2T、67g)
  • RIDEA:ROAD ELLIPTIC RING 4A W2 (38±2T、67g)
  • absoluteBlack:CX OVAL (38±2T、67g)

今回はROAD ELLIPTIC RING 4A W2がフリマアプリで安く手に入ったのでこちらを使用。ちなみに、カラーは元々ブラックなのですが、クロモリに合わせるために、超低クオリティですがシルバーへスプレーで塗装しちゃいました。すでにチェーン部分は少し剥がれてます。

11スプロケット選び

ロード11速用の11-34T、11-36Tのスプロケットでは、選択肢はかなり限られています。探したところだと以下の通り。

製品 価格 重量 歯数
Shimano
105 R7000
CS-HG700-11
6000円程度 379g 11-34T
11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34
Shimano
ULTEGRA R8000
CS-HG800-11
8000円程度 335g 11-34T
11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34
ZTTO
SLR2 11-34T
8000円程度 228g 11-34T
11-13-15-17-19-21-23-25-28-31-34
(11-19:スチール/21-34:アルミ合金)
ZTTO
SLR2 11-36T
9000円程度 236g 11-36T
11-13-15-17-19-21-23-25-28-32-36
(11-19:スチール/21-36:アルミ合金)
Sram
Rival
PG-1130
  420g 11-36T
11-12-13-15-17-19-22-25-28-32-36
Sram
FORCE
PG-1170
12000円程度 366g 11-36T
11-12-13-15-17-19-22-25-28-32-36
SunRace
CSRX1
7000円程度 360g 11-36T
11-12-13-15-17-19-21-24-28-32-36

シマノという信頼性と実測335gの重量面を考慮すれば、Shimano CS-HG800-11(11-34T)が第一候補ですね。

 

中華メーカーZTTOのSLR2もおすすめ。Aliexpressで購入することができます。実は品質がよく、動作も問題ありません。11-34Tと11-36Tが選べるのが魅力的です。磨り減りやすい11-19Tはスチール製、ロー側に高強度アルミ合金を素材を使用しており、236gとかなり軽量化されています。ロー側はアルミ合金ということで耐久性はスチールに比べて劣りますが、趣味走行の脚力なら、アルミ合金ですら磨り減りはそれほど気になるません。今どきフロントチェーンリングだってアルミ合金製なんですし、せいぜいフロントチェーンリングの半分程度の寿命です。チェーンの磨り減りが軽減されるというメリットもあります。今回は「ZTTO SLR2 11-36T」を使用することにしました。

ちなみに、こちらからAliexpressに登録すると、約2000円のクーポンがゲットできます!ぜひご活用ください。

ギア比と考えると、12Tが利用されているSram FORCE PG-1170やSunRace CSRX1もかなり魅力的。SunRace CSRX1なら価格もお手頃です。

フロントシングル化の作業

  • ホイールを外す
  • チェーンを外す
  • フロントディレイラーのケーブルを取り外す
  • STIからアウター・インナーケーブルを取り外す
  • クランクを取り外す
  • クランクからチェーンリングを取り外す
  • クランクアームに新しいチェーンリングを取り付ける
    • アルミボルトなので締め付けトルクは4N・m
  • リアディレイラーからケーブルを取り外す
  • リアディレイラーを外す
  • 新しいリアディレイラーを取り付ける
  • ホイールをつける
  • リアディレイラーの可動域をある程度調整する
  • チェーンを取り付ける
    • チェーンの長さはローギアにかけて+2コマ
    • 今回は106コマ(240g)でたまたま元と同じ長さ
  • リアディレイラーにケーブルを取りつける
  • 変速調整する
    • トップ位置
    • ロー位置
    • Bテンションボルト

RD-R7000-GSやRD-R8000-GSは、ローギアは30~34Tまで対応ですが、今回はフロントシングルなので36Tでも対応できました。もう少しだけいけそうです。フロントシングルなら38Tあたりまでならなんとかいけそうです。11-38Tのスプロケットを見つけるほうが難しいかも。

300g(頑張れば400g)の軽量化

今回は290gの軽量化の軽量化に成功しました。

  • 取り外したもの (合計827g)
    • アウターチェーンリング(ナット付き) 144g
    • インナーチェーンリング 33g
    • チェーンリング固定ボルト (ナットなし) 12g
    • フロントディレイラー(台座付き) 110g
    • リアディレイラー (105 RD-5800 ss) 229g
    • アウター・インナーケーブル 27g
    • スプロケット 272g
  • 取り付けたもの (合計537g)
    • シングルチェーンリング 67g
    • チェーンリング固定ボルト7g
    • リアディレイラー (105 RD-R7000-GS) 227g
    • ZTTO 236g

こうみると、フロントシングル化って構成パーツが減っていることもわかります。実質的にはフロントディレイラー、台座、チェーンリング1枚、インナーケーブル、アウターケーブルの5パーツも減っているわけですから、メンテンス性がいいことは明らかです。

通常はシマノスプロケット11-34Tで150g近く重かったり、台座がフレーム固定だったり、いろんな理由から重量がトントンになることも多いのですが、最大300g程度軽量化できるのは事実です。

左STIは こちらのブレーキレバー(片側115g) などを使用すれば、さらに125g程度軽量化できます。

乗り心地

トップギア・ローギアの抵抗は思ったより小さい

フロントシングル化で懸念していたのはトップギア・ローギアの抵抗。トップギアでは少し抵抗を感じるものの、ローギアではあまり抵抗を感じない。いずれにしてもトップギア・ローギアはそれほど使用しないので問題を感じなかった。

変速性能はやや劣るが特に困らない

フロント変速がなくなり、リア側だけの変速になったという意味では楽になった。自分にとって、ワイドレシオな変速もそれほど悪くない。

変速性能という意味では、トップギア側ではスパスパ決まる。また、トップ側からローギア側に変速する際も比較的スパスパ決まる。

しかし、ローギア周辺でローギアからトップ側に変速する際、特に11s→10s, 10s→9sは、「ガッチャン」となり、スパスパ決まらない。おそらく理由は2つ。

一つは、11s(36T)→10s(32T)や10s(32T)→9s(28T)の歯数と歯数差が大きいこと。チェーンの角度が大きく変わるのでチェーンがガタつく。

もう一つは、楕円チェーンリングを使っていること。楕円チェーンリングを使うとチェーンのテンションが変化する。これが結構変速性能に影響を及ぼしている気がする。

とはいえ、普段使用で困るポイントはない。

まとめ

最近はメンテナンスやカスタムに慣れてきたというのもあって、ゆっくりやって1時間程度でできちゃいました。結構かんたんにフロントシングル化できちゃうのでおすすめです。みなさんもぜひやってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする